ニキビケアをする際は日常生活を見直そう

皆さんの中で、ニキビに悩まされている人はいますか。
どんなに頑張ってケアをしても治らないという方は、まず体質を改善する必要があります。
というのは、ニキビができやすい体質が遺伝している場合があるからです。



親にできたところと、同じ場所に子供もニキビを作ってしまうということがあります。ですから、ニキビの治療には外側からのケアだけではなく、内側から体質を改善していくケアが大切です。

体質を改善していくケアとして、まずは食事習慣を見直すことです。


いろいろなものを食べて、栄養の偏りがないようにすることが大事です。
1日3食をきちんと食べることが理想的といえます。

食事で摂取する栄養バランスがとれていないと、各栄養素の吸収効率が悪くなってしまう恐れがあります。

また、よく若い人は朝食を抜くことがありますが、朝食抜きが一番のニキビケアの大敵です。朝を抜くと言う事は、体は2食でエネルギーを補給するということです。これが過剰に脂質を吸収する原因となり、皮脂の分泌が多くなるのです。


食べ方も、腹八分目の分量を良く噛んで食べ、胃腸への負担を軽くするように気をつけましょう。
第二の体の内側から改善するケアは、ストレスとうまく付き合うことです。



ストレスにうまく対処するには、ストレスに対して自分から積極的にコントロールしていこうという姿勢がポイントです。

自分が何に対してストレスを感じているのかを考えて、上手にコントロールしましょう。

日記を書いたり、友達に愚痴ったり、そこからストレスの正体を見極めることがストレスに強くなる第一歩といえます。

第三のケアは、睡眠の質を高め、肌の免疫力を高めることです。

皮膚の生成には成長ホルモンが強く関わっていますが、その成長ホルモンがたくさん分泌されるのが睡眠中です。

そのため、睡眠をしっかりとらないと、古い皮膚や皮脂などが残り、ニキビを引き起こす原因になりかねません。
夜10時から深夜2時までのゴールデンタイムを逃さないでください。



上記を参考にニキビケアに役立ててください。