注文住宅は依頼先によって良い土地の条件が変わる

注文住宅を建設するときには、土地選びが大切になります。

注文住宅を建てるために土地の購入から検討するときには、予算の範囲内で土地と建物を分けて考える必要がありますが、あらかじめ予算の配分比率を間違えると良い住環境で住めないことになりますので、計画を立てることが大切になってきます。

現実的に住んで生活を行う場所は建物になりますので、住環境として考えたときには土地よりも建物のほうが大切と感じられますが、地盤が弱い地域では地盤改良が必要になってきますし、地震が多いと耐震工事も必要になります。



注文住宅の建設をハウスメーカーに依頼したときには、土地の条件によって影響を受けやすくなりますので、土地にかける費用の割合を大きくすることが大切です。

ハウスメーカーの場合には、会社として用意している住宅を建てる上での標準仕様がありますので、特殊な土地の場合にはオプションとして費用が高くかかることが考えられます。



どのような土地であっても、希望が叶うような形の住宅を建てることが可能な建築家に依頼して注文住宅を建てるときには、土地以上に建物に予算の配分を当てることが良い住環境を得るためのコツと言えます。

ハウスメーカーに依頼するときには、広い道路に面している土地などの40坪ほどの整形地が注文住宅を建てる上で一番適している土地と言えます。

工務店に依頼するときは、予算と法律以上に大きな制約を受けることはありませんので、複雑な環境の土地であってもプランが立てやすいものとなります。